マンションリフォームの間取り

マンションの間取りを変える

マンションの間取りを変える

マンションリフォームができるのは、お風呂や台所、トイレなどだけではありません。お部屋の間取りそのものを変えることも可能です。埼玉マンションリフォーム業者「全建」が、間取りのリフォームについてご説明します。

間取りを変えて、快適な住まいへ

ご結婚、お子さまの誕生・成長、第二の人生など、ご家族のカタチや生活のカタチは、暮らしの中で日々変化します。間取りを変えることで、今のお住まいをより快適で素敵な空間にしてみませんか?

間取りの部分変更ご提案
テーマ

お子さまの遊ぶスペースを確保し、お子さまの動きを把握できるようなお部屋のリフォームを行います。

近年のマンションでは、お子さまの遊ぶスペースに和室を充てるという間取りが多く見られ、親御さんから「キッチンで作業している間、子どもが何をしているのか見えなくて心配……」というお声をいただくことがあります。こういった場合は、和室とリビングの境目を取り払い床を張替えると、お部屋に一体感が生まれ開放的になり、お子さまのスペースは確保したまま、台所からも大人の目が届きやすくなります。

床材には、フローリングを使うと床に何かをこぼしてしまっても拭き取りやく、クッションフロアに替えると傷を気にすることなくお子さまにも安心してご活用いただけます。

間取り全面変更~リノベーションという考え方~
テーマ

ゆっくりくつろげる広々とした空間

お子さまが独立されたことを機に、住み慣れたお家でゆったりと快適に過ごしたいというご夫婦には、リビングダイニングキッチン(LDK) と和室と洋室の3つの部屋を一つの大きな空間として使えるように間取りを変更するご提案をします。

広々とした空間に大きなテレビモニターやプロジェクターを設置し、ホームシアターにするといったご趣味の部屋としてもお使いいただけます。 また、ご来客時にはお客さまをすっきりとしたお部屋でお迎えできるよう、収納スペースの工夫をするなどのご提案が可能です。

間取り変更工事で知っておくべきポイント

間取りを変えるリフォームには、たくさんの手間や費用がかかる場所と、比較的簡単にできる場所があります。ご自身がリフォームしたいと思っている場所はどちらに当てはまるでしょうか。

大きな費用がかかる場所を把握しましょう

間取りを変更する工事は、リフォームプランが似ていても費用に大きな差が生じることがあります。ご希望のプランに、工事費用が多くかかりそうな場所が含まれていないか、ご確認ください。

[大きな工事費用がかかりやすい場所]
場所 理由
キッチン、バスルーム、トイレなどの水回り設備の移動 給水管・排水管も移動しなければならないから
リビングダイニングキッチン(LDK)の間仕切りを取り払う 間仕切りは構造上重要な耐力壁の場合があり、これを移動するには、構造計算や補強工事が必要になるから
階段の移動/廊下の幅を広くする 耐力壁の移動が必要になるケースがあるから
窓サッシの移動 耐力壁に関わるようならその分と、外壁の補修費用もかかるから

間取り変更事例

当社が手がけたリフォーム施工例の一部をご紹介します。これまでの経験を活かして、皆さまの様々なご要望にお応えします。

トップへ戻る